読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の想い

子どもたちへの想いや母の日常をつづります

離婚からの立ち直り2

仕事でミスをした

 

気持ちが落ちてしまったせいか、そのあと離婚の苦しみが襲ってきた

 

下の子どもたちと交流がない悲しみ

長男の連絡が少し途絶えている悲しみ

手に入るはずだった当たり前の未来を失くした悲しみ

家族がいない悲しみ

婚活してパートナーを見つけた元主人が充実しているのだろうという創造の悲しみ

支え合える人がいない悲しみ

子どものことを想うと今は一人でいなければいけないという選択しかないという悲しみ

学校行事や身の回りのことをしてあげられない悲しみ・・・

 

昨日から今日にかけて悲しみの感情で心がいっぱいになっている

 

けれど

 

感じた感情が現実になっていくという

 

悲しい現実が来るのはもう嫌だ

 

常に物事の良い面を見ることを選択して

良い感情で心を満たせるようになりたい

 

切り捨てた方はすぐに前を向ける

すべてを捨てるだけでいいのだから

 

切り捨てられた方は・・

家族や子どもたち、相手の気持ちが変わらないかなとか

いつか元に戻れるのじゃないかとかぐるぐるぐるぐる考えて

前には進めない

前に進んで急に復縁の話が叶ったら、新しい相手にも迷惑をかけてしまう・・・

などと思って新しい相手を持つことにも躊躇してしまう

 

新しい相手なんて作ったら子どもは会いに来てくれなくなるんじゃないか・・・

などと思っては、支えてくれる人のいない悲しさにも耐えなければいけない

 

立ち直りには時間がかかる

 

でもいつかあの時頑張ってよかったという日が来ることを信じて

焦らずに

まずは子どもたちとの自由な心の交流を回復させることを目指して

 

復縁はあるかないかわからない

 

でも物事には絶対はないのだから

 

ある可能性もある

 

自分の心が納得のいくまで焦らず家族回復を願いながら

少しでも明るく前向きな心でいたい

 

いつか心から笑える日が来ることを信じて一日一日を大切に

今を大切に

 

頑張ろう

 

 

 

 

今を大切に生きていたいから

今を大切に生きていたいから

 

 

 

わたしは「いま、この瞬間」を大切に生きます

わたしは「いま、この瞬間」を大切に生きます

 

 

 

人生の「今」を大切にする もうひと花の咲かせ方 (祥伝社黄金文庫)