読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の想い

子どもたちへの想いや母の日常をつづります

離婚で子どもと離れた母の苦しみ

離婚では子どもは母と一緒の生活になることが一般的だ しかし少数ながら母ではなく父が一緒になるケースもある 私の場合は後者だ 母が子どもと暮らせない この苦悩は今までのどんな苦労よりも苦しい 私は別居からの離婚となり 手放さざるを得なかった 子ども…

離婚を受け入れる

私の離婚劇は本当に短い期間で怒濤のように進んでいった まるで何かに導かれているかのように 阻止しようと思ってとった行動がすべて裏目に出て 和解しようとしても全く言葉は彼らに届かなかった だから 別居からもうすぐ6年にもなろうとしているのに 私の心…

本当はとっても悲しい

本当は今も変わらない 家族もとに戻ってもう一度暮らしたいってこと 離婚を受け入れたとき 私は彼へ手紙を出した ・・・元の夫婦に戻れないなら別々の道を行くしかないと決心しました 時間がかかったけれどもう大丈夫です・・・ 最後くらいはメールじゃなく…

離婚を言い出したほうの苦しみと言い出されたほうの苦しみ

離婚を言い出したほうと言い出されたほう 苦しみはそれぞれあるが種類は違う 言い出したほうは・・・ 相手への怒りや憎しみでいっぱいの人が多い 離婚を言い出した時点で、そこを通り越して すっきりさっぱり前を向いている人もいる 言い出す方にはそれ相当…

切羽詰まったときに人の本質が出る

元主人との離婚に至るまでの あれこれを振り返りつつ 心を整理している あの頃 酷い仕打ちをたくさん受けた 確かに私にも非(精神的に一時的に不安定になり家族を振り回してしまったこと) はある それは認めるし そのことも充分に謝罪した けれど どうして…

悲しいけれど失くした事実を受け入れる

離婚を受け入れたのは このまま別居を続けても元の夫婦に戻れないなら別々の道を行くしかない と思ったからだった 別居を長引かせても裁判で老後のお金が無くなっても離婚する とまで言われていた 私の心は疲弊しつつも揺れ動いていた 離婚を受け入れたほう…

離婚からの学び

今までこの経験から何を学べばいいの! と失ったものの大きさにいつまでもこころが立ち止まっていた こうしてゆっくりとこの場所で振り返っているうちに気付いた 過去にしがみ付かないで今を生きる それを教えてくれたのがこの離婚騒動だったのだと思う この…

離婚を受け入れた側は苦しい

最近離婚が多くなっていると聞く お互いに納得して別れる場合は2人ともが新しい出発ができ 再スタートも切りやすいだろう 一方的に別れを切り出されたときは 切り出したほうはすがすがしく 後ろを振り返らずに進んでいけるだろう 切り出された方は・・・ 苦…